集客とイメージアップを図り看板を設置しよう

ターゲットを絞った看板製作

どんな看板を作るかは、まずターゲットを絞ることが大切です。設置すべき看板の種類、そのデザインなども考えておくとよいでしょう。顧客モデルの設定をどこに当てていくのかも看板製作には重要でしょう。年齢層、男女の生別比率、など細かく考えてみても良いかもしれません。見せたい相手は歩行者なのか、ドライバーなのか、といった点も決めることが必要です。誰に向けた情報なのか、営業時間に合わせた時刻も宣伝したいポイントとなるでしょう。

瞬時に理解出来る看板にする

道行く人が看板を目にする時間はどのくらいでしょうか。おそらく、ほんの数秒のことでしょう。一瞬で分かり易い情報を求めている利用者は、何度も読み返さなければならないような分かり難い宣伝は要りません。もしそのような看板であったなら、全くと言っていいほど看板の意味はありません。情報は瞬間的に流し、親切で分かり易く伝えることが大事なのです。知らせたい情報は最低限の単語でも構いません。例えば、「ランチタイムは100円引」とか「モーニングセットあり」とか一言で表すようにしておきましょう。

強い印象を与える看板を

大きな文字で書けば目立つというものでもなく、多くの色を使えば効果がある訳でもありません。そのような看板になってしまうと、むしろ見る者に不快を与えてしまうことになります。意識して見るものではなく、ビジュアル的に無意識に脳裏をよぎるような看板が集客効果を生みます。印象を与える看板とは、適切な文字の大きさと読みやすく親しみやすいフォントがオススメです。レストランのメニューでは写真やイラストをのせたデザインの看板が主流となっていますが、これは読ませるよりも見せる宣伝テクニックと言えます。

看板には店の名前を書いているものや、病院などでは診療時間などを書いているもの、料理屋ではメニューを書いているものがあります。