新製品の開発にはマーケティングやリサーチが大切

自社でやるのではなく委託してリサーチをおこなう

企業が新製品を開発する上で、その市場の状況や傾向を知る上で、マーケティングすることは大切な作業です。しかし道端に立ってアンケートをとるのも効率が悪く、多くのサンプルデータをとることができないです。最近ではインターネットが普及していて、各家庭にパソコンがある状況も浸透しつつあり、インターネットを利用してリサーチをする会社も出てきており、その会社にアンケートを依頼して必要なデータを取得しようとする企業も増えてきています。

多くの回答者を持つこと

そのリサーチ会社では、企業からの依頼に的確なデータをフィードバックできるようにと、アンケートに回答してもらう会員を多く登録してもらうことに躍起になっています。不特定多数の人に登録してもらうために、アンケートに回答してポイントを与え、そのポイントが現金や商品券に交換できるシステムを導入している企業が多くなっています。登録には制限がなくそのため多くの人に登録してもらっています。そしてリサーチ会社の方で、場合によっては企業がターゲットに考えている年齢層だけにアンケートを送付したりと工夫しています。

回答の信憑性を高める努力

またリサーチ会社の方では的確な回答データを得ると同時に、会員の回答の正確性も勘案しているところがあり、データ自体の信憑性を高めるように努力をしています。数あるアンケート問題の中に、一番右にチェックを入れてください、といった恣意的にチェックを入れて回答させる問題をところどころに配置して、ちゃんと問題を読んで回答しているか、回答の内容が正しいのかを定期的にチェックして、登録者の姿勢自体もチェックしています。

ネットリサーチは、企業のアンケート調査などでも活用される機会が増えてきており、多様な価値観を持つ消費者の意見を聞き入れることができます。